ドーハの喜劇

アクセスカウンタ

zoom RSS 宿舎退去

<<   作成日時 : 2010/06/27 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

3年間を過ごした宿舎を退去した。

少し前から退去に向けていろいろと準備を始めたのだが、最も苦労させられたのが各種請求書類の精算。

具体的には電気水道代、クリーニング代、インターネット代といったものの精算を指すわけだが、マンション管理会社の事務処理能力の低さにはほとほと呆れて果てた。

まず電気水道代。賃貸契約を締結した際に一年分を前払いしたにも拘わらず、毎月のように請求書を送ってくる。その都度、管理会社にクレームをするのだが、毎度「調べて返答する」というばかりで一度たりとも返答があったことはない。

今回の退去にあたって、私のクレームを流し続けた担当者が、「オマエは一年分の電気水道代を滞納しているから払ってから出ていけ」と平然と言い放った。一体どういう神経を持ち合わせていると、このような発言ができるのだろうjか。

もちろん、そんなアホな要求には付き合っていられない。が、私にも負い目がある。インターネット代は確かに相当期間滞納していたのだ。

私としては、支払済みの電気水道代の誤請求がクリアになれば、当然インターネット代は支払うつもりでいたのだが、いつまで経っても調査結果が明らかになる気配がない。

そのままずるずると退去日を迎えてしまい、私は経理担当のマネジャーに直談判することになった。もちろん、電気水道の誤請求を取り消してもらい、インターネットの滞納料金を支払うことが目的だ。

電気水道代の説明を開始したところで、マネジャーが例の担当者を呼び出す。我々の前にやってきた担当者の発言に私は改めて耳を疑った。

「調査の結果、すべての請求書に対してアナタが支払済みであることが分かった。よって、このまま退去して結構。」

おいおいインターネット代半年近く滞納してますわな。結局、一度も調査など実施していないことが判明した瞬間である。

こんなのが経理担当者だというのだから、カタール労働市場は懐が深いのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
宿舎を退去して、即、帰国なさるのでしょうか。
それとも、ホテル暮らしですか?
それにしても、あきれるほどいい加減な担当者ですね。

夢子
2010/06/29 18:53
ご無沙汰です。
宿舎から撤収されたそうで、いよいよ日本帰国ですな。
8年前のちょうど今頃、一緒に韓国に行ったことを昨日のことのように覚えています。
海外暮らしに慣れた身にとっては日本の方が生活しにくいかもしれませんが、頑張ってアダプトしてください。
TARO
2010/06/29 21:03
異国の地での長らくのお勤め、本当にお疲れ様でした。
今度は日本でお目にかかれることを楽しみにしています。東京に来られる折にはぜひ連絡ください。
OXEMEN
2010/06/30 19:52
夢子さんこんにちは。
最後数泊のホテル暮らしの後、帰国の途につきます。ホテルでは駐在の疲れをとるべくスパでも行ってのんびりと、なんて行くわけもなく、最後までドタバタが続いております。
merukin
2010/07/04 13:36
TAROさんこんにちは。
韓国旅行懐かしいです。これからもW杯開催年には思い出すことでしょう。日本に帰れて羨ましいという駐在員仲間もいますが、どうでしょうね。順応するのはなかなか大変そうだな〜、と少々ビビっています。
merukin
2010/07/04 13:38
OXEMENさんこんにちは。
ドーハにも遊びに来ていただき、どうもありがとうございました。これからは日本でよろしくお願いいたします。
merukin
2010/07/04 13:40

コメントする help

ニックネーム
本 文


presented by 地球の名言
宿舎退去 ドーハの喜劇/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる