ドーハの喜劇

アクセスカウンタ

help RSS カタール電力事情

<<   作成日時 : 2009/07/05 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

最近はすっかり慣れましたが、赴任当初に仰天したことの一つ。

画像


これはある電化製品のプラグ。これだけなら何も驚かないのですが、これを壁のコンセントに差し込もうとした瞬間、一瞬思考が止まります。

画像


そう。プラグの形状とコンセントの形状が合いません。

いやいや、この製品はカタールで購入したもの。自国で売られているものが自国で使えないとはこれ如何に?というのが普通の発想ではないでしょうか。

画像


しかし、ここではこんなことは日常茶飯事。プラグとコンセントの形状が合わなければ、合わせればよいではないか、とばかり、このようなアダプタがそこかしこで大量に売られております。

電化製品の全てが輸入品であるため、プラグの形状なんて知ったことではない、といった感じでしょうか。

コンセントが英国仕様のBF型であるのに対し、使用機器が大陸使用のC型というミスマッチが最も多く発生する気がします。

画像


まあ、アダプタで矯正可能なプラグの形はよしとして、看過できないのは電化製品および電気自身の質の問題。

最近、何だか焦げ臭いと思いつつもなかなか原因を特定できなかったのですが、ある日、電気スタンドのスイッチを入れた途端に、ボンという音とともに蛍光灯が切れました。

よくよく見てみると、電気スタンドの本体部分が溶け出しているではありませんか。別の場所ではアダプタが溶けた実績もあり、こんなことが各家庭で発生していると思うと、アパートの高層階に住むのが真剣に怖くなります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そんな事情があるのですか〜。
考えちゃいますね。

出かける時は、コンセントをマメに抜いておかないと、漏電の危険性もあるのでしょうね。
質が悪い製品も輸入品なのですか?
主にどこの国からのものなのでしょうね。

くれぐれもお気を付けください。
夢子
2009/07/07 08:13
夢子さんこんにちは。
照明用の電球なんかもバチバチ切れるんですよね。電化製品の質もさることながら、電気自体の質にも問題がありそうです。日本製は車や電化製品に限らず、電気の質も良いと思います。
merukin
2009/07/09 05:46

コメントする help

ニックネーム
本 文


presented by 地球の名言
カタール電力事情 ドーハの喜劇/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]